FC2ブログ
Archive  RSS  Login
えれくとろすふぃあ

Electrosphere(エレクトロスフィア) electro(電気的な) sphere(粒子の集まる球体)の合成語で、コンピュータネットワーク上の空間をイメージしてつけられた呼称。


 
Category: スポンサー広告  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 時事  
レッドショルダードキュメント
ありふれたメルキア機甲部隊兵士の生活が終わり、
俺は旅立っていた・・・地獄に向かって。


全てに価値観を失っていた俺は
・・・というより俺には最初からこの世に価値観や
目的など無かったのかも知れない
俺は目の前の男の勧めるままにペンを取った


レッドショルダーだった痛みはこいつらには分るまい
そう思いながら俺は、攻撃してきた敵に感謝していた。
戦っていれば嫌なことは忘れていられる。
忘れるために戦い続ける。
そして、いつかは・・・


久しぶりにボトムズをがっつりと見ました。
今の状況はなんともレッドショルダーなのだろうか。

運用は自分一人でやるわけだが、
例によって週次のスケジュールは至上命題なのだ。
セキュリティに関しても最高クラスの機密で、入退室にも生体認証とか^^;
毎回綱渡りな任務な訳で。

そんな中今週も事件は起こる。
この日だけは...と思っていたら案の定トラブルわけで orz
スーツを脱いだあとにフトみるとサーバーからの呼び出しメールが。
速攻引き返して対応にあたる。おかけで相棒初回SPも見れず...
まぁそれはいずれ見れるからいいといえばいいんだが。


どうにもならんよ!!
第一、無実である俺がなぜ!必死に!且つ卑屈に!
弁解せねばならないのかッ! ・・・馬鹿馬鹿しい!!

といった胸中。
木曜はスケジュールを取り戻すために多少きついながらも夜中まで対応。
金曜日にはオンスケに。

カネゴン風に言えば今週もやられちゃったわけで。

それでもこの日は予てからの約束通り、久しぶりに僚友との飲み会が。
公式には2年ぶりになるわけで。
というのも、直ちゃんが根回しして皆に声をかけてくれてたようで、
期せずしてサプライズな飲み会となった。

直ちゃん、小川さん、エモちゃん、マイちん、ハル、特別ゲストに山崎専務。
ホントはここにカネゴンも加わる予定だったんだけど、
残念ながら『やられちゃった』ようで^^;まぁいつでもそうなんだけどw

最初は記憶をたどりつつの感じだったけど、三つ子の魂というか...
あっというまにあの頃の気持ちに戻ることが出来た。

もちろん二年の間にいろいろな変化があるわけで。
感慨深いものがあった。

どうにも譲れないところで、途中仰ぐ旗を変えてしまったが、
ともに苦労した僚友達とは切っても切れないものがある。

まったくオレは何を悔やんでいたのか。
ほんの少し成長できた気がする...田b

相変わらず問題は山積しているあの会社でも、再生の芽は確実に育っている。
枯れた枝葉はやがて落ち、新たな花を咲かせるに違いない。
それをこの目で確認することが出来た。

------------------------------

最近はNHK-FMシアターの作品が手に入ったので通勤のときに楽しんでいる。
『北壁の死闘』と『夏への扉』ともに全10話の作品だ。
どっちも原作は読んでないんだけれど^^;
北壁...1992年に放送されたもので、学生の頃に買った漫画が
お気に入りで今も持っている。
第二次大戦中のドイツ軍起死回生の作戦をめぐる山岳アクション。
ダミーヘッド録音により、ヘッドフォンで聞くことで3Dサウンドが体感できますw
驚いたのが主人公のエーリッヒ・シュペングラーの声を

あの、渡辺いっけい がっ

今では窓際シリーズの統括官役のコミカルな印象が思い出されるが。
この作品では前編クソマジメないっけいさんが好演しています。

夏への...はハインラインの有名なSF小説です。読んでませんがw
いつも夏への扉を探しているネコのピートの話し...と、
飛ぶ教室では言っていたのにw
実際聞くとかなり歪曲された情報だったようだw
ここでは古川登志夫さんが一人でがんばってました^^
コールドスリープとタイムトラベルで頭が???になりそうでした。
ちょっと古くささはありますが、いい感じでハッピーに終わります。
そして相変わらずピートは夏への扉を探し続けている。

FMシアターにはまだまだ欲しい作品が多いので、今後も探索は続行。

前回の部屋の掃除中に発掘した過去のゲームを今はPCでエミュできるのだ。
中でもメガCD版のノスタルジアなどは...もう完全再現じゃないですか。
もう十数年前の作品ながらも全編フルボイスで。
むしろ全編録音してやりたいような。
中でもヒロインのイリュの声ときたら、もうご飯10杯でもおいつかないぜ。


  これから起こる可能性のひとつを
 空想してみるのと同じ感触で過去は
 幻想にまぎれる。
  彼女の左目の中にわずかな傷
 をみつけたのは、いま一瞬のここで
 はない。

冒頭の語りからまずシビれます。
そこからイリュとのインディアンポーカー勝負が始まる。

カスケ:きみのカードが、ぼくに見えて、きみ自身には見えない...
イリュ:おたがいに、ね。あなたには、わたしのカードが見えるけど、
    自分のカードの強弱はわからない。
カスケ:...。意味深なかけひきだな。なにかに似ている。


【イリュ語録】

いい言い方じゃないのね。人をダメにする言葉使いよ。

本心は絶対みせない。やっぱり自信があったのね。偽装には。

日々演技。だれに対しても、どんなときでも。日々演技。

ほんとうのことは、どんな顔をして言えばいいのかわからないの...
どう答えてもあなたは信用しないわよ。

いつも、みている...感受性っていい言葉だとおもうわ。

架空。現実をわかりやすく理解するための仮の想定...信じちゃだめよカスケ


しかし、イリュとティアノンが同一声優とは到底思えないのだが。
こればかりは永遠の謎というか...
オーロラの舞う瞳なら神秘のままでいいのです♪

かなぁ
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

星が見える名言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

セルダン

  • Author:セルダン
  • XlinkID:ex10
    MHP3:ベルリオーズ
    MHP2G:Iris / Izack
FC2カウンター
本文表示機能付コメント
銀河英雄伝説的名言録

画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
カレンダー(月別)ex
11≪│2018/12│≫01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
全国の天気予報

-天気予報コム-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。